ニックネームbeautifulltime
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年09月03日(木) 11時38分

相続

"遺言書は無理に書かせるのはよくないのです。

あるリサーチ機構の統計によると親に遺言書を書いてくれと考える方は、アンケート調査の結果で全体の約47.3%もあったそうです。

親に遺言書を書いてもらうために最高やってはいけない事は、唐突に「遺言書を書いて」と伝えてしまうことです。

これを突然言ってしまうと、受け取った側からすれば「もうやがて死ぬかもしれないからその準備をしろ」と考えてもおかしくはないのです。

とにもかくにも本人が書くつもりになることが重要です。

自分の手の届く範囲な人が亡くなったりテレビで相続のことが取り上げられているタイミングで徐々に伝えていくようにしましょう。

ただし、遺言書を残すということは「死に向かい合うための下拵え」と考えられ、相当自身の両親に伝えにくいものです。

誰しも遺言の必須性は認識しているものです。

そのためにも、ストレートに切り出すことはやめて徐々に本人の意思を動くのを待ちます。

特に、ご老年期になってくると自分の死後の不安や懸念事項も考えるようになってくるものですから、実は娘達から遺言書の大切性をあえて教えてあげる必須はないのです。

テレビや新聞で相続トラブルが多く取り上げられるようになっている昨今、親に遺言書を書いてくれと考えている方は多々あるかと思います。

万が一その言葉で「必ずに遺言書は書いてやらん!」と考慮しを曲げられてしまっては困ります。

気持ちが固まってきた時に、具体的に遺言書の書き方など話を詰めていけばいいのです。

"


相続不動産 大阪
この記事へのトラックバックURL
https://beautifulltime.prtls.jp/tb/d_93032126b7e4936
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 1 月
12
345789
101112141516
17181920212223
24252627282930
31